キャンピングカー,国産キャブコン,レオバンクス

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

MENU

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

キャンピングカー情報のメールマガジン」、
お陰様でたくさんの方にご購読いただいております!

 

キャンピングカーって興味のある方が多いんですね!

 

登録数が半端無いです!

 

緑の欄が登録していただいた人数ですが、
毎日20名前後の方に登録していただいてます!

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

ブログでは話せないような裏話もたくさんお話していますので、
是非ご購読をよろしくお願いします!

 

キャンピングカー情報のメールマガジンはこちら

 

 

 

台湾最終日の今日。

 

11時に宿をチェックアウト!

 

タクシーで台北駅まで行き、
空港バスのチケットを購入し、
スーツケースをロッカーに。

 

台湾のロッカーってめちゃくちゃデカくて、
中型スーツケースが2個、ひとつのロッカーに入るんです!

 

3時間で70元(210円)。

 

荷物をロッカーに入れたら行く所はひとつです。

 

前回の台湾旅行で炒飯が超美味しくて、
昨日訪れたら定休日だったという、
北平西来順というお店の炒飯を食べに電車で東門まで。

 

東門駅からすぐの北平西来順へ到着!

 

念願の三鮮炒飯を3個注文!

 

と、ここに魔物が住んでいました・・・

 

来た料理はなんと麺!

 

え?間違いじゃない?

 

とアピールすると、どうやら間違えたのは私の方(苦笑)

 

三鮮炒飯ではなく、三鮮炒麺を頼んでいた模様・・・

 

チャーハン、チャーメン、紛らわしいんですけど・・・

 

と言う事で、チャーメンは持ち帰りにして、チャーハンを新たに注文!

 

そして念願の炒飯!

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

美味しかったですけど、そこまでじゃなかったです・・・

 

イメージだけが先行してしまったのかな、、、

 

このお店の酸辣湯は凄く美味しいんですけどね。

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

ということで、お会計は800元(3200円)

 

この旅で1番高い食事でしたが、
その内200元(800円)は僕のミスですから・・・

 

持ち帰りにしたけど、今日沖縄に帰る日なので、
勿体ないけど空港でポイしました・・・

 

台北駅に戻り、お土産を見たり、ガチャをやったりして、
時間は14時半。

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

空港バスに乗り、15時半に台湾桃園空港着。

 

空港のフードコートでフルーツを食べてからチェックイン。

 

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!

 

無事に5泊6日のグルメ台湾旅が終了しました!

 

昨年の12月に続き、
2回目の台湾旅行も大成功でした!

 

 

まず、今回も天気が良かった事。

 

雨は一日も降りませんでした。

 

もともと私が晴れ男なのですが、
長男も晴れ男らしく、
私と長男のタッグは最強っぽいです。

 

キャンピングカーを使った本州キャラバンでも、
1回目10日間、2回目14日間、ほっとんど雨は降らずに快晴でしたし。

 

1回目の台湾旅行も雨は1日も降らず、
今回の台湾旅行も雨は1日も降らず。

 

合計12日間、雨降ってませんからね〜。

 

天気に恵まれて良かったです!

 

 

次に、食べ台湾という本について。

 

食べ台湾という本がとても評判が良くて、
実際に購入して読んでみると私も魅かれて、
今回、食べ台湾に掲載しているお店にたくさん行きました。

 

で、その結果、美味しかったですけど、
私たち家族にはあまり合わなかったというのが正直な感想。

 

特に、「味」というよりは「お店の環境」です。

 

結構、めちゃ狭くて、ゆっくり出来ないお店が多くて。

 

うちの長男はご飯を食べるのが凄く遅くて、
狭いお店でゆっくり食べていると、
お店の人や待ってるお客さんのプレッシャーに耐えられない、みたいな(笑)

 

独り身とか、大人だけだったら全然良いんですけどね〜。

 

食べ台湾に載っているのは、
超ローカル店が多いので、
そうなると子連れには結構厳しい環境でした。

 

 

エアビーで取った宿は大成功でした!

 

部屋の中、立地、申し分なかったです!

 

でもまた同じ所に宿泊しようとは思わないです。

 

同じ所に泊まったら、失敗はしないけど新しい発見も無いので。

 

次は、ヨンカンジェや大安森林公園周辺で宿を探したいと思います。

 

 

子供たちも大満足で、またすぐ来たいと言ってます。

 

かかった費用は、
フライト代が往復で5万円弱(4名分)

 

宿代が、3万5千円(5泊6日分)

 

食費やお小遣いなど、現地で遣ったお金が16000元(6万4千円)くらい。

 

合計で約15万円でした〜!

 

5泊6日で食べまくって、タクシーも使いまくって、
この値段ですから、やっぱ台湾は子連れ旅行に最高の場所だと思います。

 

前も言いましたが、
キャンピングカーで本州にキャラバンに出る場合、
キャンカーの輸送費用だけで往復15万円くらいするので、
やっ内地キャラバンに行くなら台湾に行った方が満足度が高いような気がします〜。

 

またすぐに台湾に行きたいわん!

21日・グルメ台湾旅6日目!執念の北平西来順の炒飯!