キャンピングカー,国産キャブコン,レオバンクス

12日・沖縄は車庫証明に厳しいです!

MENU

12日・沖縄は車庫証明に厳しいです!

12日・沖縄は車庫証明に厳しいです!

最近始めた「キャンピングカー情報のメールマガジン」、
お陰様でたくさんの方にご購読いただいております!

 

キャンピングカーって興味のある方が多いんですね!

 

登録数が半端無いです!

 

緑の欄が登録していただいた人数ですが、
毎日20名前後の方に登録していただいてます!

 

12日・沖縄は車庫証明に厳しいです!

 

ブログでは話せないような裏話もたくさんお話していますので、
是非ご購読をよろしくお願いします!

 

キャンピングカー情報のメールマガジンはこちら

 

 

 

今朝、長男の幼稚園の送りに置いてかれて、
玄関でずっと泣き続けてママの帰りを待っている次男(笑)

 

12日・沖縄は車庫証明に厳しいです!

 

 

必要書類が揃ったので、
今日は警察署に車庫証明の申請に行って来ました。

 

沖縄は車庫証明に厳しい場所なんです。

 

引っ越す度に、
車庫証明を取らなければなりません。

 

法律的にはそれが普通ですが、
内地の場合、それをやる人ってあまり居ないですよね。

 

賃貸アパートで、
車庫証明を取って、引っ越しをする際、
車庫証明はそのままにして引越しちゃいませんか?

 

沖縄ではそれが許されなくて、
前の人の車庫証明が残っていれば新しい人が車庫証明を取れないのです。

 

だから、
保証金として1台につき3万円を預けなければなりません。

 

私の場合、2台ですから6万円。

 

車庫証明をそのままにしてしまうと、
6万円が戻って来ないのです。

 

だから、ちゃんと車庫証明を取り直さなければなりません。

 

内地に住んでいる時は、
車庫証明何て車を買った時に車屋さんが代行してやってくれるので、
自分でやった事なんて1回もありませんでした。

 

ですが、沖縄に来て既に2台×2回=4回、自分で車庫証明を取りました。

 

今回が、5回目、6回目です(笑)

 

これ、自分でやってみると分かるんですが、
めちゃくちゃ簡単です。

 

1.警察署に行って、車庫証明の申請書類一式を貰う

 

2.書類に記入する(2分くらいで終わる)

 

3.不動産屋さんに行ってハンコを貰う

 

4.完成した申請書類一式を警察署に提出する

 

こんな工程。

 

難しい事はひとつもなくて、誰でも簡単に出来る内容。

 

これだけで、
車屋さんって「車庫証明代行手数料」として2万円くらい取ってるんです。

 

これもまた、アコギな商売ですよね(笑)

 

知らないって怖いです(笑)

 

 

という訳で、
数日後に車庫証明が降りるので、
それを持って陸運局に車の住所変更に行って完了です。

 

 

あ、ちなみに沖縄が引っ越すたびに車庫証明を取り直さなければならないので、
だったら地元で車庫証明を取った車をこっちに持ってくるって作戦。

 

見てると結構います。

 

他県ナンバーで何年も乗っている人。

 

こっちで車庫証明を取り直す気が無い人です。

 

私も、半年くらいは地元ナンバーで乗っていましたが、
実は沖縄は全国で1番か2番くらいに事故が少ない県で、
車の保険に「沖縄料率」ってのがあるんです。

 

ほとんどの保険屋さんにあるもので、
保険が40%くらい安くなるんです。

 

車の保険が40%オフになるって、
結構大きなメリットなので、
私はその話をディーラーのおじさんに聞いてから、
ソッコーで沖縄ナンバーに取りなおしました。

 

 

と言う訳で、
今日は沖縄の「車」に関するマメ情報でした(笑)

12日・沖縄は車庫証明に厳しいです!