キャンピングカー,国産キャブコン,レオバンクス

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

MENU

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

最近始めた「キャンピングカー情報のメールマガジン」、
お陰様でたくさんの方にご購読いただいております!

 

キャンピングカーって興味のある方が多いんですね!

 

登録数が半端無いです!

 

緑の欄が登録していただいた人数ですが、
毎日20名前後の方に登録していただいてます!

 

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

 

ブログでは話せないような裏話もたくさんお話していますので、
是非ご購読をよろしくお願いします!

 

キャンピングカー情報のメールマガジンはこちら

 

 

 

帰省14日目。

 

今日は急きょ、私が生まれ育った田舎町に行く事に。

 

私が生まれ育った一軒家があり、
今は誰も住んでいない空き家となっています。

 

今回の帰省が終わって沖縄に戻ったら、
今度いつ帰省するか分からないし、

 

その間にその空き家を売るかもしれないので、
大切な物を取りに行って来ました。

 

仙台からは往復で350キロ。

 

途中、サービスエリアで豚汁定食ランチを。

 

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

 

キャンカーとは違い、
普通乗用車なのでスピードが速くて、
あっという間に到着しました(笑)

 

私が子供の頃に毎日遊んでいた公園。

 

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

 

何も変わっていませんでした・・・

 

これなんか、塗装も当時のままなんじゃないか?って位。

 

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

 

これらは、配置、遊具の種類、何も変わっていませんでした。
ただ、塗装しただけってくらい。

 

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

 

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物

 

あれから30年近くとか経ってるのに、
何も変わってない・・・

 

懐かしく感じると共に、寂しさも感じました。

 

この町に将来はあるの?みたいな(苦笑)

 

もう高齢化した町になっちゃってるんですよね・・・

 

そして、空き家に入り、作業する事2時間。

 

学校のアルバム、写真、卒業文集など、
大切な物をピックアップしました。

 

片道170キロの距離でしたが、
滞在時間2時間で、
直ぐに帰路に着きました。

17日・生まれた町の片隅に遠い日の忘れ物